サプライズプロポーズがバレた理由

ウエディングフェアはたくさん行けばいいというのは本当?

「結婚式場選びにはウエディングフェアをハシゴしてよく比較検討を!」という話をよく聞きますよね。
引っ越しの時と同じで多数の式場で見積もりをしてもらうと、比較検討できたり値引き交渉に使えたりと便利です。

 

体験談になってしまいますが、私たちのときは「結婚式を挙げるならぜひここで!」という式場がもともとあったので、多数見比べることに意味があるのかと悩みました。
悩んだ末に第一希望の式場に一回行ってみることにして、正直に
「ここしかないんです!」
とプランナーさんに打ち明けました。
私たちがこの式場に特別な思い入れがあること、他の式場ではピンとこなかったこと、でも安価ですませたいこと…。
するとプランナーさんも打ち解けてくれたのか、安いプランを提示してくれました。
例えばいちばん人気のある10月を避けて9月末にするだけで随分値段がさがること、大安の日にこだわる必要はないことなどです。
一発で決めてしまったことで結構なお値段を割り引いてくださり、ブーケ代も半額にしてもらえました。

 

他にも会場の装花をどこにお金をかけてどこを削ればいいのか具体的に教えてくださったり、少人数プランにしたりとお金の無い私たちでも満足いく式が挙げられるようなアドバイスをいただきました。

 

もしネットや情報誌を見て「複数見積りは面倒だなあ…。」と考えている方がいらっしゃいましたら、こういう事例もあるよということで参考にしてほしいです。
ちなみに私の友達でも一発で決める派と多数見る派に結構極端にわかれました。

 

ひとつ注意することがあるとすれば、最初に見積額をこちらから提示する際にすこし少な目に申告することです。
少な目に申告した上で「場合によっては上がることも辞さない」という意思を見せると上手くいきます。
あまりにも少なくしてしまうと、中身のない無茶な見積もりを提示されるので気を付けてくださいね。